関連集会

Meeting Information

11th International Microbeam Workshopのお知らせ

フランスCENBGのDr. Philippe Barberetから、2013年10月3-4日に開催される“The 11th International Workshop on Microbeam Probes of Cellular Radiation Response”のアナウンスが届きましたので、お知らせいたします。

参加申込み等の詳細は、シンポジウムの開催案内をご参照ください。

開催日: 2013/10/3-4
場所(予定): Hotel Bordeaux Mercure Chateau Chartrons(フランス・ボルドー)
Chairman: Philippe Barberet (CENBG, Interface Physique et Chimie pour le Vivant)
E-mail: microbeam@cenbg.in2p3.fr
Abstract締切: 2013/07/31

詳細は、開催案内をご参照ください。
URL:http://www.cenbg.in2p3.fr/microbeam2013/index.html

ポスターはこちら

第7回高崎量子応用研究シンポジウム開催のご案内

第7回高崎量子応用研究シンポジウムでは、原子力機構・高崎量子応用研究所の照射施設を利用して実施された研究成果を発表する研究会です。原子力機構・高崎のマイクロビームを用いた最新の研究成果の発表が行われる予定です。

参加申込み等の詳細は、シンポジウムの開催案内をご参照ください。

名称:第7回高崎量子応用研究シンポジウム
会期:平成24年10月11日(木)・12日(金)
場所:高崎シティギャラリーコアホール(群馬県高崎市高松町35-1)
参加費:無料
参加申込先:(申込書をFAX又はE-mailにて送付)
独立行政法人 日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所 放射線高度利用施設部第7回高崎量子応用研究シンポジウム実行委員会事務局
FAX:027-346-9690 又は E-mail: taka-sympo@jaea.go.jp

参加申込み等の詳細は、シンポジウムの開催案内をご参照ください。

第3回マイクロビーム生物研究会連絡会議および平成24年度定例総会開催のご案内

マイクロビーム生物研究連絡会
会員の皆様

日本放射線影響学会第55回大会におきまして、第3回マイクロビーム生物研究会連絡会議および平成24年度定例総会を開催いたします。
ご参加いただけます会員の方で、お弁当を希望される方には引換券をお送りいたしますので、本メールの「出欠確認票」部分を、以下のメールアドレスにご返信いただけますようお願いいたします。

「出欠確認票」ご返送先アドレス: mbra-info @ microbeam-jp.org

締め切り:平成24年8月29日(水)必着

第3回マイクロビーム生物研究会連絡会議および定例総会

日時:平成24年9月6日(木)12:00-13:00
会場:日本放射線影響学会第55回大会B会場(B棟講義室B101)
プログラム:
1. 第3回マイクロビーム生物研究会連絡会議
(1) Investigating radiation-induced bystander effects in mice using an adoptive transfer technique
(Benjamin J Blyth・放射線医学総合研究所放射線防護研究センター)
(2) マイクロビーム実験のための工夫
(松本英樹・福井大学高エネルギー医学研究センター)
2. 平成24年度定例総会

*注意事項*
・お弁当引換券は、会員本人限りとさせていただきます。
・会員以外の方への整理券の配布は、当日B会場において10:30より行われますW4ワークショップ「マイクロビーム照射技術と革新的研究手法の融合による放射線影響研究の新展開」会場において行う予定です。
・参加には、日本放射線影響学会第55回大会への参加登録が必要です。詳しくは大会ホームページ: http://www2.idac.tohoku.ac.jp/jrrs2012/をご覧ください。

10th International Microbeam Workshop – 1st Announcement

コロンビア大RARAFのDr. Allan Bigelowより来年3月に開催される“The 10th International Workshop: Microbeam Probes of Cellular Radiation Response”の1st Announcementが届きました。

詳細は、開催案内をご参照ください。

Greetings:

The 10th International Workshop: Microbeam Probes of Cellular Radiation Response will be held at Columbia University, New York, March 15-17, 2012.
This Workshop is hosted by the Radiological Research Accelerator Facility (RARAF) / Center for Radiological Research, Columbia University Medical
Center. In this 1st announcement we would like to guide your attention to the Workshop Website for pertinent information and registration:
http://meeting.raraf.org.

Note: I have added your email address to an email list that I will manage and moderate privately for one-way communications; please do not reply to
them. Send all inquiries directly to the organizer Alan Bigelow: ab1260@columbia.edu.

On behalf of the Scientific Program Committee, we look forward to your participation in the 10th International Workshop: Microbeam Probes of
Cellular Radiation Response. Regards,

Alan

Alan Bigelow, Ph.D.
Radiological Research Accelerator Facility (RARAF)
Nevis Laboratory, Columbia University
914-591-9244, ab1260@columbia.edu
http://www.raraf.org

第6回高崎量子応用研究シンポジウム開催のご案内

日時:2011年10月13-14日
場所:高崎シティギャラリー

第6回高崎量子応用研究シンポジウムでは、原子力機構・高崎量子応用研究所の照射施設を利用して実施された研究成果を発表する研究会です。原子力機構・高崎のマイクロビームを用いた最新の研究成果の発表が行われる予定です。

参加申込み等の詳細は、シンポジウムの開催案内をご参照ください。

日本放射線影響学会第53回大会ランチョンセミナー / 「マイクロビーム研究会連絡会議」のご案内

日時:2010年10月20日(水)12:00-13:00 (日本放射線影響学会第53回大会1日目)
場所:京都テルサ 日本放射線影響学会第53回大会C会場
オーガナイザー:松本 英樹(福井大学)
座長:古澤 佳也(放射線医学総合研究所)

日本放射線影響学会第53回大会1日目において、下記の日程でランチョンセミナー「マイクロビーム研究会連絡会議」を開催いたします。今回は、放射線医学総合研究所、電力中央研究所、若狭湾エネルギー研究センターのマイクロビーム照射装置を紹介いたします。

先着100名まで、無料にてお弁当を用意しております。大会に参加される方は、ぜひ会場にお集まりください。

【プログラム】
施設紹介
1.小西輝昭 (独)放射線医学総合研究所
2.冨田雅典 (財)電力中央研究所
3.高城啓一 (財)若狭湾エネルギー研究センター
まとめ 古澤佳也 (独)放射線医学総合研究所

*注意*
参加には、日本放射線影響学会第53回大会への参加登録が必要です。参加登録については、日本放射線影響学会第53回大会ホームページ
http://house.rbc.kyoto-u.ac.jp/jrrs53/index.htm
をご覧ください。

第5回高崎量子応用研究シンポジウム開催のご案内

日時:2010年10月14-15日
場所:高崎シティギャラリー

第5回高崎量子応用研究シンポジウムでは、原子力機構・高崎量子応用研究所の照射施設を利用して実施された研究成果を発表する研究会です。原子力機構・高崎のマイクロビームを用いた最新の研究成果の発表が行われる予定です。

参加申込み等の詳細は、シンポジウムの開催案内をご参照ください。

Progress of Microbeam Radiobiology Research in the World

2008.11.19-21, Kitakyushu International Conference Hall, Kitakyushu, Japan. Symposia at the 51st JRRS Annual Meeting

CHAIR; KOBAYASHI Y, and FURUSAWA Y
History of Microbeam Research
MICHAEL B. (ex Gray Cancer Inst, Northwood, UK)
Future of Biological Reaearch
HEI T. K. (Columbia Univ, NY, USA)
Heavy-ion Microbeam and Research in Japan
KOBAYASHI K. (High Energy Accel Res Org, Tsukuba JPN)

Development and Diversity of the Radiation Research Using Microbeam

2008.11.14-17 Makuhari Messe, International Convention Complex, Chiba, Workshop at the 50th JRRS Annual Meeting

CHAIR; Maezawa H (Tokushima U.), Tomita M (CRIEPI)
W9-1 Perspective of the study of radiation biological effect using microbeam X-ray irradiation system. Tomita M, et al.
W9-2 Study of the relationship between cell death and intracellular energy-deposited sites using SR X-ray microbeam irradiation system. Maeda M, et al.
W9-3 An energy-tunable X-ray microbeam irradiation system for radiobiology. Kobayashi K et al.
W9-4 Focusing microbeam system of JAEA-Takasaki Funayama T. et al
W9-5 Approach to the radiobiological study of Caenorhabditis elegans using heavy-ion microbeam. Sakashita T, et al.
W9-6 In situ analysis of novel repair proteins involved in DNA strand break responses of human cell. Nakajima S. et al.

8th International Workshop of Microbeam Probes on Cellular Radiation Responses

2008.11.13-15, at National Institute Radiological Sciences, Chiba 263, Japan

Programme and Abstract (PDF); 41 oral and 18 poster presentations. Review papers and Extended Abstract will be published in March 2009 as an Supplement Issue of the Journal of Radiation Research